更年期障害が改善された?っと話題のエクオールサプリメントが凄い理由

更年期障害が改善された?っと話題のエクオールサプリメントが凄い理由

善玉菌を増やして腸内フローラを改善したり、エクオールを作り出したりすると同時に新陳代謝を高めて適度な運動をすれば細胞の働きも活発になって体全体が若返る効果があります。
更年期のサプリとして話題です。

 

健康な体を保ってくれる善玉菌

 

私たちの腸内には常に膨大な数の細菌が生息していて、体の機能にさまざまな影響を与えています。腸内細菌は大まかに分類すると善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類があり、体のために有益な活動をするのは善玉菌です。これらをまとめて腸内フローラといい、それぞれの細菌のバランスを保つことで健康な体を維持したり体調を整えることができます。善玉菌2に対して悪玉菌1、日和見菌7の割合が理想的と言われているので、普段から善玉菌を増やせるように食事を工夫したり規則正しい生活をすることが大切です。腸内フローラのバランスが崩れてしまうと日和見菌が悪玉菌のような活動を始めてしまい、有害な物質を作り出したりして体調を崩す原因になります。腸内環境を改善すれば便秘が解消されて定期的にお通じがあり老廃物や毒素を体内に溜めこんでしまうことがなくなり、肌の調子もよくなってニキビや吹き出物ができなくなったり美肌を作って若返りの効果もあります。善玉菌は新陳代謝を盛んにしてくれるので、適度な有酸素運動を行えば体脂肪が効率よく燃焼されて引き締まった体になってダイエットにも有効です。代謝がよくなると体全体の細胞も活性化されるので、肌の細胞が蘇って若さを取り戻したり、冷え性やむくみなどの症状が和らいだり、疲れやすさや寝起きの悪さ、ストレスなども解消されるので心と体の両方に有益です。更年期のサプリとして注目されているエクオール

 

腸内フローラを改善するための善玉菌で代表的なのは乳酸菌で、ヨーグルトや納豆、漬けもの、チーズ、味噌や醤油、酒粕などの発酵食品にたくさん含まれています。毎日積極的にこれらの食品を食べるようにすれば自然にバランスのよい食生活を送ることができて、善玉菌の数を増やして体調をキープできます。善玉菌は食物繊維やオリゴ糖を好む性質があるので、乳酸菌を食べるときに一緒に食物繊維の多い食材や甘味料としてオリゴ糖を選ぶとさらに効果があります。大切なのは複数の食品をバランスよく摂取して栄養素をしっかり補うことなので、足りないときはサプリなども活用して食生活を見直してみましょう。エクオールサプリでエクオールを入れることで更年期障害の改善にもつながる

 

和食は美容と健康に有効

 

日本人が昔から好んで使ってきた食材の一つである大豆は、畑のお肉と言われるほど良質なたんぱく質を含んでいてバランスのよい健康食品です。豆腐をはじめとして豆乳や納豆、枝豆、醤油や味噌などに使われていて、大豆に含まれるイソフラボンは体の調子を整えるためにとても有効な成分です。大豆イソフラボンは腸の中で腸内細菌の働きによってエクオールという物質に変化します。女性ホルモンと似た働きをする成分なので、ホルモンバランスが乱れることで起こる女性特有の症状を和らげるために有効で生理不順を治したり、末端神経が冷えてしまったり手足のむくみや冷え性、生理前の精神不安やイライラ、頭痛、不眠などを抑えたり、辛い更年期障害を緩和するような効能が期待できます。女性ホルモンが減少すると輝きが失われて老けたように見えてしまうので、エクオールを作り出すことでいつまでも若さを保って弾力のある肌や輝きのある髪などを取り戻すことにもつながります。腸内フローラを整えて善玉菌を体内にたくさん持っている人は大豆イソフラボンを効率よく吸収できるので、食事によってアンチエイジングをしたり太りにくい体質を作ったりして健康と美容のためのケアができます。運動を加えることでさらに細胞の働きが活発になり、汗をかいてデトックスをしたり新しい細胞が作られて美しい肌を手に入れたり、血液やリンパの流れがよくなるので体の隅々まで栄養素が行き渡ってきれいになることにつながります。和食には大豆製品や発酵食品が数多く使われているので、脂分や糖分の多い洋食よりも健康的です。もともと日本人の体質に合う食事なので体内での消化吸収もよくて、酵素や乳酸菌のはたらきで体の機能をしっかり高めて免疫力をアップさせたりアレルギーを治したりいろいろな健康効果が期待できます。若返りのためにも和食が有効で、洋食よりもカロリーが低いので太る心配もなく野菜をたくさん摂取できるのでバランスよくビタミンやミネラルを補給できます。腸内フローラに着目して美しく健康な体作りをしましょう。更年期の悩みを解消する為にもエクオールサプリを摂取しましょう